キシキシぷらむ視界

だらだらと長いだけの日記と、ちょこちょこと創作メモのような何かがあるブログ。

日記のようなもの。

そらのうた

BUMP OF CHICKENの、とりわけ空を描写した歌に惹かれるのだなと気づいた今日このごろ。「(please) forgive」とか「beautiful glider」とか。様式美としてここで3曲目を並べ置きたいのだが、ひたすら記憶を探って出てきたのが「ベンチとコーヒー」とはこれ如…

ロストワンのほにゃらら

映画などで科学者や数学者の役どころにある人が唐突に思いついて図書館やら寮の窓やらに公式を書き始めるとたちまち14歳のこころを刺激されほれぼれとしてしまうのだけれど実際に目の前でやられたら果たしてどう反応すれば良いのかとか、仕事あがりに一杯と…

ピアス

赤いピアスがいいと思った。服にあわせて毎日ピアスをつけかえる。そういうことが何だかとても面倒になってしまって、とある方から頂いた小さな青のピアスをずっとつけっぱなしにしていた。が、はっと気づいた時には、片耳からこぼれ落ちてしまっていた。け…

2015年ラストブログ

最近念願のうさちゃんと同居はじめました。お久しぶりですぷらむです。自分に慣れる、ということがあるのだなあ、と。何の前ぶれもなく実感したエカマイ駅への短い通り道。別に、自分になれる、ほんとうの自分になれる、なりたい自分になれる、などの発想と…

のうとか。

はてなブログ、お久しぶりですね。月一ペースでちまちま更新しております。「嫌なことばかり記憶してしまうのは、人間の本能だ」「危機回避の為ですか」「そう。あそこに行くと手強い敵がいる、遭遇するのはうまくない、そう思い知って近寄らないようにする…

夏が終わる。

夏が終わる、9月でおわる、と一言日記において指おり数えるように何かと呟いてきた。もうすぐその日である。別れのときである。日本の四季のなかで、さようならをこれほど強く意識する時節が果たして他にあるものだろうか。少なくとも私は春にも秋にも冬にも…

不幸な気分

気づけばもう7月。 この長文日記を書かずに七夕月を迎えてしまったというのか。 毎日のようにこのコンテンツを更新していた頃が懐かしい。出張のどさくさ紛れにその原則は瓦解した。かわりにlivedoorBlogに日常を綴る短文日記があるからいいか、と思いきや…

胸中

あなたの過去になんて、誰も興味を示したりしない。他人がわかるのは現在のあなただけ。それを見て、あなたの過去は幸せなものだったのだろうと、そう特に深い意味もなく想像することはあるかもしれない。あなたは幸せに生きてきたのだね。率直にそう言われ…

好きじゃないしもう信じない。

これ以上傷つかないために「最初から期待しない」という方法があるけれど、それってなんだか相手にも期待されたくないという自分の不誠実と怠惰を暴露しているみたいだ。でもたくさん裏切られて「最初から信じない」ことを覚えていく。諦めを知って癖になる…

痛み

かゆい、と思ったところを掻いてみると、違う、ここじゃない、と感じる。この空振りは何なのだろうと首を傾げつつ、未だ残るかゆみのありかを探して肌をまさぐる。確かに肘のあたりにそれを覚えたのに、意外なことにその手の薬指に辿り着いた時の微かな驚き…

老夫婦と人形

ある女の子が、母親とレストランに入った。食事をしている内に店内は混雑して来た。そこへウェイターがやって来て、ここは4人席だから、2名のお客様と相席をお願いしたいとの申し出を受けた。当然の様に快諾する母子。その2人と席を同じくしたのは老年の…

頭痛の話

最近、頭痛が日常の一部と化している。もともと頭痛持ちではあるが、ここのところの痛みは恐らく身体のサイクルと猛暑の所為だと思われる。数年前までは梅雨だろうが台風だろうが何ということも無く、頭痛と言ったら偏頭痛以外にあり得なかったのに、やはり…

馬鹿というよりバカ

人間、バランスの取れた生き方をするには、馬鹿になれなければ駄目なのかもしれない。ふとそんなことを思った。ここで言う馬鹿とは、私が嫌いな類の馬鹿ではない。情報の取捨選択が出来ない馬鹿、他人の価値観を否定しか出来ない馬鹿、自己批判が出来ない馬…

欲しいもの

私が本当に欲しいものって何だろう。ここ数ヶ月、ずっとそんな事を考えている。即物的な話、お金があればほとんどの物は手に入る。実際、買い物は嫌いではない。服でも本でも、手仕事も映画も旅行も、お金が無ければ好きなようにはならない。でも、必要な物…

ただの痴話げんかのお話

反対意見で論議していて「あなたの言うことも分かります」という対応をする場合、大抵は言葉通りに受け取らない方が良い。「分かるけどね、でもね……」というエンドレスというかループの始まりの鐘が鳴ったと捉えた方が懸命ではないか。たとえば、死刑制度に…

この症状は一体

ここのところちょっと私にしては慌しくて疲れていたらしい。半年に二〜三のペースで定期的に襲ってくる謎のげんなりが出た。上手く説明が出来ないが、人々が悪口や愚痴を言っているところに長時間いると時たま起こる側頭部のいらいら違和感。それを患うと、…

2015年度

言葉にならない感情とかもうどうにもならないようなことが積もり積もって、それから時間をかけ濾過されて残るものがあるとして。それがきれいなものではなく、この世界に居場所のない不安定さとか疎外感のようなものだと理解し始めてから、ようやく逃げずに…

レンズのその先

色々とやりたいことがある中、ふと気が付けば長いことずっと続けて迷っている、とあること。写真コンテンツを作りたいなあ。でも、トイカメラもデジカメも持っていないし、いくらiPhoneの機能が高いとはいえ携帯のカメラ機能の酷薄さには定評がある。それか…

すれ違い

一見して不運だったり不幸だったりとひどく気落ちするようなことほど、言葉にして表現をする時は何より正確さを心がけなくてはいけない。けんかにけんかを重ねてこれでもかというほど罵ったあと、一呼吸置いてそんなことを思った。たとえば、就職活動がうま…

無関心の反対

混乱していたり不安になっている他者に対して、冷静な態度でいることが冷淡や無関心と受け取られる。これってこういう施設でなくても意外と良くあることなのかな、ふと考えた。もしかして同調した素振りで一緒にパニックになる外見を繕う方がベターなのか、…

眠い。

眠い。しかしそれだけじゃない。睡魔を退散さすべく内的宇宙を漂っているのだ。言わば瞑想である。禅の心境である。春眠の先取りである。ひとのいのちは選択の積み重ね。愛するか、憎むか。裁くか、許すか。聞くか、話すか。寝るか、起きるか。思い切るか、…

誰にでも人には言えない、言えなさすぎる残酷だったり偏執的だったりする「内緒の部分」はあると思う。だけど、それがすごく薄っすらと、でも満遍なく人格を覆っている人よりもどこかコアな部分に集中して隠せておける人の方が「人格者」って感じがする。自…

春眠 暁を覚えず

一服盛られたかの様に眠い。近頃度々に遭遇する異様な眠気に今しも完敗しそうだ。しかしまだ半敗である。一応はスケジュール通りに動き、微々たる仕事はしているから。うとうとるびたんもふもふ。うつらうつらるびたんもふもふ。ブログの更新を怠る程度に春…

抜歯と流れ星

来たる中国正月、下の奥歯を抜いた。朽ちかけてぐらついていた歯がフェイスロックで見事に歯茎に突き刺さってしまったのだ。数週間に渡る痛みもピークに差し掛かり、片耳がポイーンと聴こえづらくなって来たところで歯医者行きを勧められ、決意。抜歯に至っ…

のびしろ

はるか昔、小学校低学年のころ。何かのおりに、担任の教師から、「自分なりにがんばったからこれでもうおしまいと思わないで、あなたにはまだまだのびしろがあります。もうちょっとねばってみましょう」といったコメントを頂戴したことがある。私は母に問う…

とある従者のはなし

これまで何人ものメイドにお世話になってきた。そこはかとなく感じる個性はあっても、やっぱりメイドにとってわたしの視界はしょせん職場。だいたい平均的。可もなく不可もなく。そうでなければいけないだろうし、いなくなってしまうし。だから一人ひとりの…

さんたすよん

たとえば、7を3と4の合計だと考えている節がある。間違いではない。けれど少し遠まわりをしている。説明をするのが難しいが、Aという作品をBの絵柄でしか思い描けないことがある。例を出してみるとすると、ハイスクールオブザデッドの会話のシーンがデ…

書くこと読むこと聞くこと

気づけばもう二月。今年はここの日記の更新頻度を上げたいなと漠然と願っていたが、具体的な努力なくして叶うことであるはずがなかった。一方で手書きの日記はおおかた休みなく続いている。その日その日の何やかやを文章化する、その力をほとんどそちらに費…

点と点をゆるゆると

ゆるゆる歩きながら、シャワーに当たりながら、食事をしながら、妄想をする。瞑想などとうそぶくまでもない。作業のかたわらに常にさまよう残像がある。可能であればノートに書き留める。点と点がどうにか波線ででもつながらないものかとペンの頭を噛む。あ…

明日から本気出す。

お正月ももう期限が切れたかなと思わせてくれる1月4日。新年を口実に極限までだらけていた日々の余韻をせめて今夜は満喫したい。一年の計は元旦にありとか申します。そんなに限られた時間の枠で残りの364日と半日が決まるなんて、大いに異議ありと潔く正々…

あけましておめでとうございます、2015。

遠くで聞こえるラオス音楽の重低音、パチパチと上がる花火の音、夜独特のそこそこの静寂のなか、年越しを待った。修練所に来て二度目の大みそか。来年はどうだろう。まだここにいるのだろうか。こんな夜を過ごすのだろうか。大勢だけど、ひとり。ひとりだけ…

私を月まで連れてって

to the moon and back なる表現があるらしい。月につれていって、戻ってこれるぐらい。ということだそうだ。I love you to the moon and back、つまり、「愛する君のためなら月まで行って帰ってきてみせよう」、こんな具合だろうか。半年ほど真面目に勉強し…

まァた、ぷの字が悶々してるときた。

どういうしくみになっているのかは杳として知れないが、たまにじっと自分の中にこもりたくなることがある。多くのことがひたすら滞るとき。自分がこもるというより、耳に入る音すべてがこもってしまっているような感覚に近い。そういう時私の場合は、外界と…

確かに存在する「 」

反省している。何についてかというと、もうこの自分という存在そのものについて全般的にもっともっと恥を知るべきだと思う。猛省しても足りないほどに、悔いるべきことがあまりに多すぎる。あまり真面目な話をするのも私らしくないのでシンプルにまとめる。…

メリークリスマス。

現実世界が様々な意味において充実している方も、そこはかとない哀愁を感じているあなたも、昨日はただの12月25日でしたというかくも冷静なる諸氏も、みなみなさま、とにもかくにもメリー・クリスマス。お察しのとおり、今年も寝正月を先取りしたクリスマス…

限りなく透明に近いグリーンなデュラハン

道が、常にあなたの前にありますように。風が、いつもあなたの背中を押してくれますように。太陽が、あなたの顔を暖かく照らし、雨が、あなたの畑に優しく降り注ぎますように。そして、再び会う日まで、神様が、そのてのひらで、あなたを、優しく包んで下さ…

うさふわぴんくちゃん

ほんのりオンナノコな話。先日購入したうさちゃんワッペンのふわふわアウター。店頭での手触りが天国だったので、お手当前なのに手にしてしまった。で、今日、とても寒いと思ったので、いそいそと うさふわぴんくちゃん(命名)を取り出して袖を通した。同時に…

2014年を振り返って

12月には、一年を振り返って記事を書く。それが私の日記における毎年の習慣。今年は早いけど、もう振り返ってもいいかな。様々な事象に心動くことはあるけれど未だ記す術を知らない。何を書いてもぼんやりとした言葉しか出て来ないだろう。ならば、もう少し…

うさぎさん飼いたい病

第43次(適当)うさぎさん飼いたい病に罹患中。うさぎ、飼いたい。うさぎを飼いたい。ああもう、うさぎを飼いたいうさぎと暮らしたい。と言う私はうさぎを飼ったことは無い。だからこその憧れでもある。うさぎ、良いなあ。良いだろうなあ。ちなみに犬なら幼少…

最近の

異様な眠気が毎週半ばに襲って来るので、それに対抗すべく策を練った。まず、ドーパミンを出しまくる。ドーパミンについては未だその仕組みなどが完全には解明されていない様だが、とりあえず動けば分泌されるものらしい。という訳で、お茶のティーパックが…

今年はどうもバイオリズムがおかしい気がする。秋から冬にかけてはゆっくりと料理をしたくなるのに、現在のところ、そうした余裕があったら他に回したい。時間が足りない訳ではないし、むしろ余るほどあるはずなのに何くれとなくもったいない、惜しいと感じ…

うさぎ萌え

ああ、眠い。眠いのです。またも睡魔に日々駆り立てられる期間が来たのでしょうか。実は、と言う程のことでもないが、ここ数日ちょっとした棘のようなものがこう、心と脳の間に引っ掛る事が。思わず「らめ」と静かに呟いてしまうような。分かった。眠いのは…

嘘なら優しく

中学校の頃に夢中になった本を無料WEB書籍で見つけ、再読している。あの頃は小説家になりたかった。だからこの本もお手本だった。それまでに読んだ物語にはなかった描写の数々にいちいち圧倒された。いつか、こんなふうにことばを操ることが出来るようになっ…

秋の夜長のひとりごと

人間が脳で思考して言葉や行動に移す以前に、無意識の欲求は身体の各部位にはっきりと現れている。と、3年前くらいかな?教わった覚えがある。実際にはどうかわからないが、私も身近に経験している。まだ小学生だった頃の話だ。柔道の試合、畳を挟んで向か…

すかいぷ女子会議

最近は長年の友達2人とSkypeなるものをしている。そこで、恋愛において相性というのはどこではかるものか?という話題になった。というのも友人その1が結婚という華々しい予定を立てつつあるからだ。ちなみに友人2は既婚者。その3である私はその手のこと…

お久しぶりです。

昨晩、夜の窓越しに白い気配を感じた。見るとガラスの外側にぺたりと張りついたヤモリの姿。特に害を為す訳でもなし、時にしなやかに、あるいはつるりと滑る様にしてうごめく姿を眺める。君は世界中どこへ行っても何となく生きていけるというか、生活できそ…

緩やかな死

いや、アレだ。まあ自覚はしてたが… 「 デブは存在がマナー違反 」ってお言葉を頂戴した。私、こう見えて性別は女である。 今流行りの断捨離を特集した雑誌を見ながら気持ちの整理メモなるものを書いたり、散々プラスに考えようとした。 「この先生と生徒た…

存在が不正解

骨無し皮肉が溢れてるみすぼらしい人 着飾った人面白可笑しく指を差されて自分が正解と大口で叫ぶ誰か教えてくれ私のどこが不正解だろう自嘲してそれも笑われてよくあるパターンだとネタにされ誰かに愛されたあの両目は動物園みたいに私を眺める不正解だよと…

てくてく

私はもう少し、あるいはしばらくの間、型にはまった方が良いのではないか。ふとそんなことを感じている秋の休日。歩き方が悪いのか、新しい靴をおろすと高確率でかかとが血まみれになりシャワールームはもれなく苦行林と化す。これを回避するには、足全体を…

ゆらゆらゆらぐ

先が見えない不安は、不安定とは異質に思う。やってみなければ吉と出るか凶となるか絶対に分からないし、取り掛かってから自信を失って世界がゆらぐ。しかし、自身が揺れ動いている不安感とゆるい期待との相性の良さにはいつも救われている。運がいいのかな…